Debriefing Assessment for Simulation in Healthcare (DASH) (Japanese)

Overview

 

デブリーフィングとは、体験とその原因を系統的に振り返ることで、シミュレーション教育の効果を明確で強固なものにする重要なステップです。DASHはデブリーフィング能力を適切に評価し、さらに向上させるために作られました。医療シミュレーションにおいて、デブリーフィングとはシミュレーションにおいて展開されたイベントや行為を二人以上で振り返ることです。デブリーフィングによって、学習者はシミュレーション中にとった行動、思考過程、感情、その他の情報を探索・分析することで、臨床現場におけるパフォーマンスの向上に役立てることができます。インストラクターが学習者のより熱心な取り組みを促すことで、より深い、持続した学習効果に結びつき、ひいては新たに学習した、または再学習した知識・技術・態度が臨床現場や医療全般において役立つことに繋がります。 DASHは様々な職種やコース、学習者数、幅広い学習目標や物理的、時間的制約にも対応できるようにデザインされています。DASHは最良のデブリーフィングに関する膨大な文献レビューや専門家らの意見に基づいて開発されました。 DASHの基となった文献の目録は こちらから利用可能です。 DASHに関する質問は DASH@harvardmedsim.org
へお願いします。


DASH評価者トレーニング

DASH評価者トレーニングは4時間半のウェブ会議方式のワークショップです。参加者はDASHについてよく学び、繰り返しデブリーフィングの評価を行います。

スコアリングの練習に参加するためには、1人1台インターネット接続されたコンピュータが必要です。要望や資金によりますが、DASH評価者を認定することを考えております。実際に認定された場合、このウェブ形式トレーニングが最初のステップとなるでしょう。


DASH のバージョンについて

There are three versions of the DASH. One designed for trained raters; one designed for students to rate DASHスコアシートは3種類あります. 訓練を受けた評価者用、インストラクターを学習者が評価する学習者用、インストラクターが自らを評価するインストラクター用です。すべてのスコアシートは下記リンクからお願いします。

DASH – 評価者版1 は訓練を受けた評価者が用いた際にはとても高い信頼度となります。DASH評価者トレーニングはインターネット形式で行っており、年に2回開催されます。DASH評価者となるにはデブリーフィングの経験が豊富であることが前提条件となります。

DASH – 学習者版 2 は受講したインストラクターのデブリーフィングの質を評価できるようになっております。DASH – 学習者版 には2種類あります:

  •  DASH – 学習者通常版によりDASHの6つの構成要素とそれぞれの構成要素に関わる行動を学習者が評価できます。計23の構成要素に関わる行動があります。DASH-学習者通常版は終えるのに5-7分かかり、インストクターのデブリーフィングがどうであったか診断に役立つ情報を提供することができます。
  •  DASH – 学習者簡易版 によりインストラクターのDASHの6つの構成要素を学習者が評価できます。評価を終えるのに3分以内で行う事ができますが、通常版に比べて通常版に比べて診断の信頼度は劣ります。

DASH – インストラクター版 3 によりインストラクターが自らのデブリーフィングを評価できます。インストラクター版には2種類あります:

  •  DASH – インストラクター通常版 によりDASHの6つの構成要素とそれぞれの構成要素に関わる行動をインストラクター自らが評価できます。計23の構成要素に関わる行動があります。DASH—インストラクター通常版は終えるのに5-7分かかり、インストクターに自らのデブリーフィングがどうであったか診断に役立つ情報を提供することができます。
  •  DASH – インストラター簡易版 によりDASHの6つの構成要素をインストクター自らが評価できます。評価を終えるのに3分以内で行う事ができますが、通常版に比べて診断の信頼度は劣ります。

DASH Rater’s Handbook provides instructions and example instructor behaviors to assist in rating. In order to accurately assess and score the feedback conversation, the DASH Rater’s Handbook and DASH – Rater Version must be used concomitantly.

著作権情報

Center for Medical Simulation, Boston, MA 02129, https://harvardmedsim.org.

DASHをご自分のシミュレーションプログラム/施設で用いる限りは問題なくご使用頂けます。但し、DASHがどの様に使用されているか他の方々にもアップデートさせて頂く必要があります。そのため発表された論文や抄録、報告をハーバード・シミュレーションセンター DASH@harvardmedsim.orgに電子メールでお送り下さい。


How to Cite the DASH

Simon R, Raemer DB, Rudolph JW. DASH ハンドブック [Debriefing Assessment for Simulation in Healthcare (DASH) Rater’s Handbook]. Trans. T. Ikeyama. Center for Medical Simulation, Boston, Massachusetts.https://harvardmedsim.org/wp-content/uploads/2017/01/DASH_Handbook_JPN_2014-05-19.pdf. 2010. Japanese.

Simon R, Raemer DB, Rudolph JW. DASH 評価者版 [Debriefing Assessment for Simulation in Healthcare (DASH)© – Rater Version]. Trans. T. Ikeyama. Center for Medical Simulation, Boston, Massachusetts.https://harvardmedsim.org/wp-content/uploads/2017/01/DASH_RV_short_JPN_2014-04-20.pdf. 2011. Japanese

Simon R, Raemer DB, Rudolph JW. DASH 学習者通常版 [Debriefing Assessment for Simulation in Healthcare (DASH)©– Student Version, Long Form]. Trans. T. Ikeyama. Center for Medical Simulation, Boston, Massachusetts.https://harvardmedsim.org/wp-content/uploads/2017/01/DASH_SV_long_JPN_2014-05-04.pdf. 2010. Japanese.

Simon R, Raemer DB, Rudolph JW. DASH 学習者簡易版 [Debriefing Assessment for Simulation in Healthcare (DASH)©– Student Version, Short Form]. Trans. T. Ikeyama. Center for Medical Simulation, Boston, Massachusetts.https://harvardmedsim.org/wp-content/uploads/2017/01/DASH_SV_short_JPN_2014-05-04.pdf. 2010. Japanese.

Simon R, Raemer DB, Rudolph JW. DASH インストラクター通常版 [Debriefing Assessment for Simulation in Healthcare (DASH)© – Instructor Version, Long Form]. Trans. T. Ikeyama. Center for Medical Simulation, Boston, Massachusetts. https://harvardmedsim.org/wp-content/uploads/2017/01/DASH_IV_long_JPN_2014-04-20.pdf. 2012. Japanese.

Simon R, Raemer DB, Rudolph JW. DASH インストラクター簡易版 [Debriefing Assessment for Simulation in Healthcare (DASH)© – Instructor Version, Short Form]. Trans. T. Ikeyama. Center for Medical Simulation, Boston, Massachusetts. https://harvardmedsim.org/wp-content/uploads/2017/01/DASH_IV_short_JPN_2014-04-20.pdf.pdf. 2012. Japanese.

DASH 引用文献

Brett-Fleegler M, Rudolph J, Eppich W, Monuteaux, M., Fleegler, E., Cheng, A., Simon, R. Debriefing Assessment for Simulation in Healthcare: Development and Psychometric Properties. Simul Healthc. Oct 2012; 7 (5): 288-294. PMID: 22902606.

Dreifuerst KT. Using debriefing for meaningful learning to foster development of clinical reasoning in simulation. J Nurs Educ. Jun 2012; 51(6): 326-333. PMID: 22495923.

Jeffries, P. R., Dreifuerst, K. T., Kardong-Edgren, S., & Hayden, J. Faculty Development When Initiating Simulation Programs: Lessons Learned From the National Simulation Study. Journal of Nursing Regulation.Jan 2015; 5(4): 17-23. Retrieved from http://dx.doi.org/10.1016/S2155-8256(15)30037-5.

Morse, Catherine J. “The Effect of Debriefing with Good Judgment on Acute Care Nurse Practitioner Students’ Reflective Ability and Perspective Transformation.” [Doctoral dissertation]. Villanova, Pennsylvania: Villanova University, 2012. Retrieved from http://pqdtopen.proquest.com/pubnum/3552408.html.

Policard, F. Optimiser le débriefing d’une séance de simulation en santé. SOiNS CADRES. May 2015; 24 (94): 51-54. Retrieved from: http://www.em-consulte.com/article/973285/article/optimiser-le-debriefing-d-une-seance-de-simulation

謝辞

The Center for Medical SimulationはDASHプロジェクトに関して外部から資金を得ておりません。本プロジェクトは多くの支援や執筆/翻訳の補助により成り立っています。

  1. Thanks to Adam Cheng (PI) and the EXPRESS Project for the opportunity and the support to develop theDASH. Special thanks go to the reviewers, Vinay Nadkharni (University of Pennsylvania), Elizabeth Hunt (Johns Hopkins University), Adam Cheng (University of Calgary), Walter Eppich (Northwestern University), Marisa Brett-Fleegler (Harvard University), Monica Kleinman (Harvard University), Kristen Nelson (Johns Hopkins University), Akira Nishisaki (University of Pennsylvania).
  2. Thanks to Kris Dreifurst (Indiana University) who propelled the effort toward developing the DASH Student Versions and ran the initial try-outs of the instrument.
  3. Thanks to Adam Cheng (University of Calgary), Walter Eppich (Northwestern University), Dylan Bould (University of Ottawa), Tobias Everett (University of Toronto), Ralph MacKinnon (University of Manchester) for leading the effort to adapt previous versions of the DASH to create the Instructor Version.
  4. DASHは池山貴也(あいち小児保健医療総合センター)、椎間優子(フィラデルフィア小児病院)、志賀隆(東京ベイ浦安市川医療センター)、武田聡(東京慈恵会医科大学)、土肥聡(昭和大学)、西崎彰(フィラデルフィア小児病院)により日本語に翻訳されました。この翻訳を改善するご意見等をお待ちしております。ご意見は、ロバート・サイモン先生(rsimon@mgh.harvard.edu)にCC(カーボンコピー)して、池山貴也(takanari_ikeyama@sk00106.achmc.pref.aichi.jp)にお送り下さい。

資料

DASH ハンドブック

DASH 評価者版

DASH 学習者通常版

DASH 学習者簡易版

DASH インストラクター通常版

DASH インストラクター簡易版

DASH 文献目録(英語)